日経225

日経平均と日経225

日経225っていうのは、日経平均っていう、日本経済のめやすになってるヤツの動きをみて、投資するものなんだって。
でも、限月っていう制約がある日経225の場合は、だいたいは短期の投資なのが、株との違いみたい。
じゃあ、次ね。オプション取引っていう言葉は知ってる?日本じゃまだ取引の量が少ないから、
個人投資家にはまず出来ないみたいなんだけど、オプション取引っていうのも、投資の1つなんだって。
でも、国内でたくさんの取引量があって、取引がインターネットで出来る証券会社もある日経225オプションの場合は、取引が活発なんだって。

日経225とオプション取引

日経225の場合はオプション取引が活発だっていうけど、そもそも、普通の投資と、オプション取引と、
一体何が違うのかっていうと、オプションっていうのは、金融派生商品のことをいうんだって。
・・・おいおい、そういわれる方が、もっとわかんないよ、っていう人がほとんどだよね^^;
金融派生商品なんていう言葉を見たって、まずピンとくる人は少ないと思うけど、簡単に説明すると、
「ある物を、ある時に、ある値段で売ったり買ったりする権利」のことをいうんだって。
・・・うーむ。ますます難しくなったと思うから、もっと細かく説明するね。
オプションには、プットオプション(売る権利)と、コールオプション(買う権利)の、2種類があるんだって。
さらに、それぞれのオプションを、売ったり買ったりするから、選択肢は全部で4つあるっていうことになる訳。
んで、今の時点でのチャートとか株価から、これからの動きを予測して、プットオプションやコールオプションを、
売ったり買ったりして儲けるのが目的になるんだけど、オプションには、レバレッジ効果っていう、大きい利点が1つあるんだって。

日経225の敵?

システムトレードのいいところって、自分の感情に左右されないところなんだって。
株とか日経225をやるときの、一番手ごわい敵って、何だと思う?自分自身の感情が1番手ごわい敵って言っても、
言いすぎじゃないんだって。価格が上がったら、「もうちょっと待ったら、もっと上がるかもしれない」って思って、価格が下がったときも、
「もうちょっと待ったら、上がるかもしれない」って思って、人間は自分にとって都合のいいように物事を解釈しちゃうものだけど、
都合のいい自分の考え方を、ある程度取っ払ってくれて、取引が冷静に出来るようになるのが、システムトレードなんだって。
もちろん、システムトレードをやったからって、絶対に儲かるって訳じゃないし、たまには勘とか感情とかもいるかもしれないけどね。
儲けるための近道は、そのときそのときで1番いい方法を選ぶことだっていうから、
1つの技術としてシステムトレードも使うのは、いい投資家の条件って言えるかもしれないね。

日経225に不可欠な力

ちょっと聞くと、簡単に思える日経225。
だけど、儲けるためにはそれなりの技術が求められるみたいだよ。
大事なのは特に、チャートを読むっていう技術なんだって。
チャートって、要するに、過去の一定期間の価格を表した、グラフみたいなものらしいよ。
チャートっていう言葉は、株に興味がある人は、みんな聞いたことあるみたいだね。
今までどんな価格をたどってきたのかわかるのがチャートで、チャートから読み取った情報で先を予測して、株取引するんだって。
現物株の中長期投資と違って、限月っていうのがある日経225とかminiだと、特に、日経平均の動きを予測する力とか、チャートを読む力が大事なんだって。
それに、損するときもあるだろうし、絶対儲かるってことじゃないから、損を覚悟で見切り売りする精神力も大事らしいよ。
損してるのに「もうちょっと待てば上がるかも」なんて、自分に都合よく考えちゃダメってことだね。
もし上がらなくて下がっちゃったら大損ってことで、先物取引の日経225とかminiなんて、ハイリスクハイリターンだからなおさらだよね。
儲けたいからこそ、損失を最小限にして次へ切り替えるのが、大事なんだね。

日経225と投資信託のメリット

単元数未満でも買えるミニ株とかまめ株とか、先物取引の代表っていわれる日経225とか、投資にもいろいろあるんだって。
投資信託も1つの方法らしいんだけど、人に自分のお金を預けるのって、何か抵抗あると思わない?
でも、投資信託にもいくつかメリットはあるみたいで、手数料の側面とかからも、投資信託のメリットがあるみたいだよ。
個人投資で株を売買すると、手数料ばっかりかかっちゃって、全然儲からないっていうことがあるらしいけど、
投資信託だと、大勢の投資家達から会社が集めた大きい額の資金を、大きい単位で動かして運用するから、手数料の負担って結構小さくなるんだって。
しかもプロが、いつも市場の動向に注意して、チャートの分析や解析をしながら、その大きな額の資金を運用するから、個人だと無理な「常に市場の状況を見る」っていうことを、やれちゃうんだって。
自分で運用すれば、その会社の動向を読んで、売買のタイミングを計るっていうおもしろさが味わえるけど、プロに任せるのも、1つの運用方法なんだね。

日経225の取引はどうやって?

株券みたいに形がある訳じゃないけど、投資商品として扱える日経225。
じゃあ、日経225って、どうやって取引されるのか、知りたいと思わない?
そもそも、日経225の投資対象っていうのは「日経平均」たった1つだけなんだって。つまり日経225は、日経平均の上がり下がりを見て取引するってことなんだね。
日経平均の上がり下がりって、日本経済の動きによって変わってきちゃうから、日本経済の動向を読むのがすごく大事になる取引が、日経225なんだって。
「先物取引」っていう言葉も、日経225でよく聞く言葉だと思うけど、先物取引っていうのは、将来売ったり買ったりする価格や値段を、自分で決めるっていうものなんだって。
要するに、日本経済はこの先こうなるだろうっていうのを、自分でだいたい予想して、自分の予想をもとに、取引をしていくってことみたいだよ。
日経平均が上がるか下がるかだけの、シンプルな予測に思えるけど、奥も深いんだって。